企業分析 製薬企業

参謀侍が見た製薬会社の動向と将来性 “第一三共株式会社”

投稿日:2020年5月9日 更新日:

今回特集する第一三共株式会社です。

コロナ禍の中でも業績は堅調に進んでいるようです。今何が起きているのか?これからどうなるのか?みていきましょう。

 第一三共株式会社基本情報

2019年度

売上収益 9,818億円 

営業利益 1,388億円 

当期利益 1,291億円

従業員数 15,494人(連結) 5,515人(単体)

平均年齢 43.5歳 平均年収 1,097万円

第一三共ってどんな製薬会社?

2005年9月に旧第一製薬と旧三共の合併により誕生した製薬会社です。合併に際して本体は医療用医薬品に特化しています。

医薬品の他にワクチン事業、ジェネリック医薬品事業も展開しており、OTC部門(一般用医薬品)は第一三共ヘルスケアに集約しています。

現在は国内市場を主軸に海外売上の拡大を目指しています。第4次中期経営計画では、がん事業に着手し、2025年度の売上目標を5,000億円にするなど事業のトランスフォーメーションを推し進めています。

特徴はなに?

合併前の両社の歴史から循環器領域、整形領域に特に強みを持っています。スタチン製剤の先駆けとなる薬剤Aを開発しコレステロール血症治療にイノベーションを起こしました。ベテランMRさんには〇〇御殿が建ったという逸話を聞いたことがあるのではないでしょうか?

近年では抗凝固薬を同系統薬の中では後発で発売したものの、2019年度国内売上830億円(37.0%)のシェア1位となっています。薬のポテンシャルに加え企業力が結果に結びつけた要因だと考えられます。

国内医薬+ワクチン売上高は5,335億円(売上比率54.3%)で海外売上3,246億円を大きく上回っています。

2008年にはインド後発品メーカーのランバクシーを買収しグローバル展開の加速を目論んだが、FDAからの指摘されていた品質問題を解決できず2014年に売却に至りました。

モダリティ分野では、細胞・遺伝子治療にフォーカスしており2020年3月にAxi-Celを申請しています。競合他社含めこの分野は将来的な成長分野だと予測されており、現時点では大きな収益化に至っていません。

参謀侍の目

国内での医療関係者からのプレゼンスは非常に高く、首尾よく手堅い経営を行っている印象が強い製薬会社である。ランバクシーの件では高い学習費用を支払うことになったが、安定的な国内基盤があったためマイナス影響を克服している。

合併直後は旧出身会社による対立もあったようだが、新しい血も多く入ったことでほぼ影響がなくなっている。研究開発力に競争力を有し、新規性の高い薬剤を創薬してきた。

医療現場での情報力・対応力という観点では高いケイパビリティを有していることも国内での成長を続ける要因となっている。

一方で、競合他社と比べると海外売上比率は低く、いかにグローバルマーケットで競争力を持つかがカギとなる。特に米国での新規抗がん剤を浸透させる為に、強力なグローバルネットワークをアストラゼネカ社との共同販促を行っており成長ドライバーとなり得る。

2021年度は売上高1兆円に僅かに届かない予測を発表しているが、上振れる可能性もあるのではないだろうか。パイプラインが豊富にあり、将来性のある製薬会社の一つといえる。

参謀侍の紹介

ヘルスケア業界にてMRを10年間経験。メンバーの育成やプロジェクトの運営などを行う。経営知識を生かしヘルスケア企業の分析や将来の動向を独自路線で読み解く。

前の記事:参謀侍が見た製薬会社の動向と将来性#6 “大塚ホールディングス”

次の記事:参謀侍が見た製薬会社の動向と将来性#8“田辺三菱製薬”

-企業分析, 製薬企業
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【2020年9月更新:大正製薬】参謀侍がみた製薬会社の動向と将来性

製薬会社の動向と将来性を侍参謀が独自目線で解説するシリーズ第12弾です。 今回は大正製薬の特集となります。 「ファイトー イッパーツ」 誰もが一度は聞いたことのあるセリフではないでしょうか? 大正製薬 …

MSL(Medical Science Liaison)が果たす役割-製薬企業の将来-

近年製薬企業ではMSLという職種が増加しています。 これまで営業活動を伴う情報提供はMRという職種がカバーしていました。 ではなぜMSLが誕生したのか?いつからMRでは不十分になったのか? 今一度MS …

【2025年将来性予測】これからの製薬業界はどうなる?

先日のロリーマシロイの記事(武田薬品の退職金はおいくら?)やトリプルの記事(IMR(独立型MR)の可能性)もあったように、今製薬業界は大きなうねりの中に入っています。 元々この10年間で低分子化合物( …

参謀侍が見た製薬会社の動向と将来性 “中外製薬株式会社”

この記事の読者は製薬会社のMRの方が多いのではないでしょうか?おそらく今の状況では病院に訪問できずにいるのではないかと思います。こういう時だからこそ業界全体・個々の企業を理解する時間に使いたいものです …

【中堅内資系製薬会社】売上高ランキングTOP11-20

これまで企業特集、ランキングシリーズともに内資系製薬会社上位10社を対象にしてきました。ただ実際には数多くの製薬会社が日本にはあります。 当ブログでは包括的に企業の特集を組み、売上高や開発状況など様々 …