企業分析 製薬企業

参謀侍が見た製薬会社の動向と将来性 “アステラス製薬株式会社”

投稿日:2020年6月6日 更新日:

アステラス製薬の名前の由来知っていますか?「明日を照らす」そんな製薬会社に将来育っていくことを目指してつけられたようです。まさに今の時代このアステラスの名前のように自身の将来性に希望をもっていきたいものですね。

今回で内資系製薬会社TOP10の特集は終わりです。次回からは様々な角度から製薬会社の将来性をランキング形式で解説していきますので、乞うご期待ください!!

アステラス製薬基本情報

2019年度

売上高:13,008億円

営業利益:2,778億円

当期利益:1,954億円

従業員数 15,432人(連結) 5,034人(単体)

平均年齢 43.5歳 平均年収 1,071万円

アステラス製薬ってどんな会社?

医療用医薬品をコア事業とし、日本、米国を軸に5つのエリアにてグローバル展開を行っています。従来の重点領域である泌尿器・循環器から、がん領域へ柱を移行しています。

医薬品市場の変化に対応する形で、RX+™pプログラムと銘打ち従来の事業領域を超えた事業機会を、競合他社に先行して探索しているところです。

アステラス製薬の特徴はなに?

2005年4月に旧山之内と旧藤沢の合併により誕生しました。合併後は両社の強み生かし、泌尿器科や循環器領域でプレゼンスを高めています。

国内企業2位に位置しており安定的な収益を上げている一方で、2019年度には国内外の主力品の特許切れが相次ぐなど、不確実性の高い状況にもあります。そのため将来見越して、2018年度には早期退職優遇制度を行い約700名の人員調整を行いました。

製品開発ラインナップはがん領域に集中しており、産学官連携を積極的に行っています。特にがん免疫では外部との戦略的提携によるイノベーションの創出を図っています。

財務面からは無借金経営を貫いているといった特徴もあります。現金を常に3,000億円以上を保有しており、それが企業の安定性を高めています。

参謀侍の目:アステラス製薬の動向と将来性

数年前までは主力品が高血圧治療剤をはじめとしたコ・プロモーション製品に支えられており、開発力不足により将来を心配する声もあった。しかしながら、近年は過活動膀胱やがん領域でブロックバスターを誕生させるなど、現在では国際的競争力の高い企業の一つと言えるだろう。

今はパテントクリフを乗り越えているアステラス製薬だが、今後のリスクが全くないというわけではない。

医薬品ビジネスでは一貫してつきまとう問題であるが、特許切れによる売上の急激な落ち込みと、製品開発難易度の高まりである。

ある特定の製品がブロックバスター化すると、一定期間(おおよそ10年間)の急成長には繋がるが、売上依存度が高くなることで特許切れの後に “落ちてくるナイフ” にもなりかねない。

2019年12月に約3200億円を投じて米国のバイオ企業を買収することを発表した。この先数カ年でさらなる買収が行われる可能性がある。今後大型買収を目論んでいる場合には資金調達面での不安はないと言える。巨額の現金を保有し、かつ無借金経営、そして有事にも安定的な製薬企業であることから1兆円単位の借り入れでも大手銀行もやぶさかではないのではないのではないか。

今後数年は基幹製品の拡大を軸に、既存製品群の強化、新規事業の収益化を目指すことになるだろう。

今年に入って営業組織の再編成を行った。全国に支店を構える形でこれまで組織を形成していたが、支店長職を本社付けとし階層を減らした。これにより、今までよりフラットな組織に近づけたのだと思われる。より現場の地域に事情に合わせた活動を取れるようにしたのではないか。

多くの製薬会社が組織編制の見直しを検討していると予測される。時代に合わせた形を早期に見つけることが競争優位に立つカギとなるだろう。

日本市場の不確実性が高まる中、いち早く事業領域の拡大に取り組んでいるアステラス製薬。製薬企業が生存するニューノーマルを見つけ出すか。今後の動向も注視していきたい。

参謀侍の紹介

個人向け営業からキャリアをスタート。その後ヘルスケア業界にキャリアチェンジしMRを10年間経験。メンバーの育成やプロジェクトの運営などを行う。経営知識を生かしヘルスケア企業の分析や将来の動向を独自路線で読み解く。

前の記事:参謀侍が見た製薬会社の動向と将来性#9 “協和キリン株式会社”

-企業分析, 製薬企業
-, , , , ,

執筆者:


  1. […] 最後の記事:参謀侍が見た製薬会社の動向と将来性#10~アステラス製薬株式会社~ […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

参謀侍が見た製薬会社の動向と将来性 “中外製薬株式会社”

この記事の読者は製薬会社のMRの方が多いのではないでしょうか?おそらく今の状況では病院に訪問できずにいるのではないかと思います。こういう時だからこそ業界全体・個々の企業を理解する時間に使いたいものです …

参謀侍が見た製薬会社の動向と将来性 “協和キリン株式会社”

皆さんビールは好きですか?何の種類が好きですか?今回はキリンビールの話です。 ではなく、製薬会社の協和キリンについて解説していきたいと思います。 親会社はまさにキリンビールで、会社の懇親会では他社のビ …

【2020年10月更新】“武田薬品工業”参謀侍が見た製薬会社の動向と将来性

※この記事は2020年10月に更新しています。 過去ブログ記事「製薬企業の今」をリニューアルし、ヘルスケア企業の今を読み解くと題し様々なヘルスケア関連企業の今を解説していこうと思います。 ではスタート …

【2020年10月更新:日医工株式会社】参謀侍がみた製薬会社の動向と将来性

シリーズ第14回目は医薬品ジェネリックメーカーの日医工となります。 ※このシリーズでは様々な医薬品メーカーについて将来性を探っていきます。 ジェネリック医薬品?? 今ではそう思う人はかなり減ったと思い …

【2020年8月更新:小野薬品工業】参謀侍がみた製薬会社の動向と将来性

製薬会社の動向と将来性を侍参謀が独自目線で解説するシリーズ第11弾です。 今回は小野薬品工業を特集します。 小野薬品といえば、何といっても画期的な免疫チェックポイント阻害剤を世の中に誕生させたことで有 …